おひさま社会保険労務士事務所|助成金

助成金活用で企業成長をサポートする社会保険労務士事務所

企業在籍型職場適応援助促進助成金

概要

自社において雇用する障害者に対して、企業在籍型職場適応援助者を配置して、職場適応援助を行わせる事業主に対して助成するものであり、障害者の職場適応・定着の促進を図ることを目的としています。

主な受給要件

対象労働者(※2)の職場適応のために、地域センターが作成又は承認する職場適応援助者による支援計画において必要と認められた支援を、企業在籍型職場適応援助者に行わせた場合に受給することができます。
※2 対象労働者
本助成金における「対象労働者」は、次の(1)と(2)に該当する者です。
(1)次の[1]~[7]のいずれかに該当する者
[1] 身体障害者
[2] 知的障害者
[3] 精神障害者
[4] 発達障害者
[5]  難治性疾患を有する者
[6] 高次脳機能障害を有する者
[7] 地域センターが作成する職業リハビリテーション計画がある者
(2)支援計画の開始日において65歳未満である者

その他詳細については、厚生労働省のページでご確認ください。

    • 助成金ってどんなことをしたらもらえるのですか?
    • 助成金は本当に返さなくていいのですか?
    • もらえる助成金って、1つだけですか?
    • おすすめの助成金はありますか?
    • 雇用保険には加入していませんが受給できますか?
    • 社労士に代行を依頼するメリットは何ですか?